熊さんの写真

カメラを持って山やバードウオッチングや旅行に出かけています。気楽にコメントしてください。

コマドリ観察記 コマドリの見つけ方の動画作成

コマドリ観察記 コマドリの見つけ方の動画作成

 

上高地を一人で散策していると色んなツアーの観光客と出会います。

春先ですとニリン草を見るツアーなんてのがあります。

野鳥の会上高地で探鳥会をしているのを見かけます。

一昨年の春には散策道で

東京発の上高地コマドリを見るツアー

の方と出会いました。

同じ趣味の人が引率の講師から話を聞きながらの探鳥会も楽しそうでした。

 クマさんこと私は昔から山川跋渉型の単独行動で鳥撮りをしていますので仲間入りしたい気持ちでした。

 今日は上高地コマドリを見つける方法と接近する方法です。

動画を作ってありますので見てください。


コマドリの見つけ方in上高地

別に上高地だけでコマドリが営巣しているわけではありませんので、こんなところがコマドリの好む場所として鳥撮りやバードウオッチングの参考にしてください。

餌付けのコマドリ撮影に飽きた方が、100パーセント自然のコマドリを撮影したいなと思った時の参考にしてください。

自然の中でなかなかコマドリを見付けれないという方の参考になれば、クマさんは幸せです。

 上高地の自然の中で見付けたコマドリです。

上高地を訪れた方は多いと思いますのでイメージが描きやすいと思います。

北アルプスや標高の高い山の麓に広がる高原地帯にはコマドリという小鳥は多く生息していると思います。

コマドリの声を聞いた方は多いと思いますが、初めて訪れた場所ですと姿まで見付けるのはなかなか難しいと思います。

この動画は今年の5月の連休明けに上高地で撮影したものです。

少し昔までは観光客の歩く管理道でも鳴き声がして姿が見えましたが、やはり確実にコマドリを見付けて鳥撮りするには観光客の少ない所を狙う必要があります。

薄暗い熊笹林で見付けたコマドリです。

f:id:camerajizi:20180627093726j:plain

この写真のコマドリも薄暗い熊笹林の岳カバの倒木の上で囀っていました。

f:id:camerajizi:20180627093745j:plain

苔むした古い切り株の上で囀っていました。5月の上高地ではコマドリのオスがしきりと縄張り宣言をしていますのでコマドリらしいコマドリの写真が撮れると思います。

f:id:camerajizi:20180627093808j:plain

運が良いと熊笹林の木漏れ日のあたる切り株や倒木の上で囀っています。

f:id:camerajizi:20180627093833j:plain

木漏れ日の明るさがあるとISO感度も小さくできてキレイな写真になりますが、コマドリはこんな場所に出てくることは少ないです。

f:id:camerajizi:20180627093857j:plain

上高地コマドリを一番見付けやすい時期は5月です。コマドリのヒナが孵った7月の中過ぎからは少し標高の上がった樹林の下の昼間でもかなり薄暗い熊笹林に隠れてしまいます。

5月でも初めてコマドリ狙いで上高地を訪れても、広い広い上高地の中でコマドリのポイントを見付けることも難しいと思います。この動画を見てポイントを絞ってください。

クマさんも見つけたコマドリに、すべて接近できることはありません。

沢山のコマドリポイントを効率よく歩いて沢山のコマドリを見付けてください。その中には絶好の撮影対象になるコマドリに出会えるはずです。

上手に接近すれば数分の間、コマドリと遊んでいられると思います。

今回の撮影機材は、オリンパスマイクロフォーサーズのカメラとレンズを使用しています。このシステムは軽量小型で、クマさんのような高齢者でも機動力ある鳥撮りをさせてくれます。

野鳥と知恵比べして、野鳥には近づいて近づいてをモットーにしているクマさんです。

  使用のカメラとレンズ

オリンパス OM-D E-M1 Mark II
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
Velbon スタンド型一脚 Pole Pod III 4段