熊さんの写真

カメラを持って山やバードウオッチングや旅行に出かけています。気楽にコメントしてください。

北アルプスの登山と景色 尾根道

北アルプスの登山と景色 尾根道

登山をしていての楽しみに縦走路を歩くことがあります。

急な上り坂を汗をかいて登り詰め、森林限界を過ぎて尾根道に出た時の達成感と言いましょうか解放感は素晴らしいものです。

クマさんは春夏秋冬や晴天、雨、雪、ガスの日と色んな尾根道歩きをしましたが一番素敵な尾根道歩きの時期は秋だと思っています。

秋でも空気が澄んで空が高く感じる時期が一番素敵です。

そして紅葉が見られたらなおさらに幸せいっぱいです。

歳を取って体力の落ちたクマさんは、写真を撮りながらゆっくり登山をしています。

弓折れ乗越から双六への縦走路

f:id:camerajizi:20180815133733j:plain

弓折れ乗越から双六への縦走路

この縦走路は晴天の時のお勧め撮影スポットです。

槍を見ながらの縦走路です。小池新道側から見た槍ヶ岳は垂直に天に伸びているように感じます。常念岳筋から眺望する槍は子槍が隠れて少し斜めに見える感じがしています。クマさんの年のせいでしょうか。・・・

f:id:camerajizi:20180815133743j:plain

f:id:camerajizi:20180815133756j:plain

この付近に午後から差し掛かると、かなり高い確率でイヌワシが山すそから上昇気流に乗って舞い上がってくるのを目撃します。

こんな高い所まで鳥撮りカメラを持ってくる鳥撮りカメラマンは見たこともありませんが、そう遠くない未来のカメラは、こんな場所でも簡単に鳥撮り出来るカメラを作っているかもしれません。

奥には笠ヶ岳が見えます。

f:id:camerajizi:20180815133808j:plain

双六小屋の立つ山の鞍部とその奥に鷲羽岳が見えます。

f:id:camerajizi:20180815133818j:plain

クマさん 写真のような穏やかな山登りをしていると ツイツイうとうとして

腰かけた岩の上でうたた寝をするようになってしまいました。

おととしの秋にはサングラスをかけたまま、うたた寝してしまい気付いた時には顔がパンダに日焼けしていました。

クマさんもパンダにとは洒落にも落ちにもなりませんでした。