熊さんの写真

カメラを持って山やバードウオッチングや旅行に出かけています。気楽にコメントしてください。

上高地の景色 梓川

上高地の景色 梓川

上高地を訪れて梓川の澄んだ流れを見ると誰しもが思わず「ワーッきれい」とため息がもれる清流です。

梓川下流に流れ下って、いくつもの支流が合流して信濃川になって日本海に流れ込んでいるんです。信濃川の源流と言いましょうか梓川の源流は槍ヶ岳の登山ルートの槍沢筋の奥になるんですね。

と、クマさんはこんなことに思いを馳せて上高地を散歩しています。

素敵な梓川でも川の流れは季節ごとに変化しています。雪解け前や秋には川の水位が下がり川原が広がります。広がった川原におりて景気を見ますと見慣れた景色も何か新鮮に感じます。雪解けの雪代の流れは驚くほどの水量です。

台風で水位が増すと大正池から田代湿原に通じる散策道まで梓川の流れが押し寄せて、通行止めになることもあるんですよ。

では、今日の上高地の撮って出し写真は梓川の色んな表情です。

クマさんの好きな撮影ポイントです。

大正池からの散策道を進んで行くと梓川の川筋と出会うあたりからの景色です。

振り返ると焼岳が見えます。

梓川の水量の少ない年です。

f:id:camerajizi:20180811020431j:plain

ここの処、梓川の水嵩が高くなっていることが多いです。

f:id:camerajizi:20180811020456j:plain

新緑の梓川

f:id:camerajizi:20180811020531j:plain

f:id:camerajizi:20180811020542j:plain

奥に見える山は焼岳です

f:id:camerajizi:20180811020609j:plain

前夜の雨と雪代が入り水嵩が高くなりました。笹濁りの梓川です。

f:id:camerajizi:20180811020622j:plain

早春の梓川です。雪代もまだ入っていません。

上の写真と同じ場所から撮影してあります。

f:id:camerajizi:20180811020634j:plain

梓川沿いを散策していると野鳥に出会います。マガモカルガモをよく見かけますが、時にはオシドリやシギが居ます。全身黒づくめのカワガラスの水潜りの姿も見かけます。

使用のカメラとレンズ

ソニー α99

ソニー α77

ソニー α NEX-7

ソニー α7 II

ソニーEマウント SEL2470Z

ソニー APS-C専用 SEL18200LE

ソニー サイバーショット DSC-RX100

オリンパス OM-D E-M1 Mark II

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

いずれも手持ち撮影です。