熊さんの写真

カメラを持って山やバードウオッチングや旅行に出かけています。気楽にコメントしてください。

北アルプスの景色 新穂高口から笠ヶ岳-1

北アルプスの景色 新穂高口から笠ヶ岳-1

新穂高口から入山して鏡平山荘で一泊目。翌日は弓折れ乗越を経由して笠ヶ岳山荘に二泊目。翌日は笠新道を使って下山のゆっくりとした女性や年寄り向きのコースです。

出会う人の少ないルートで寂しがり屋の方の単独登山にはお勧めできません。

今回の写真は2016.10.11から13日まで登山した時の写真です。

晩秋の山の天気の様子が分かる写真を集めて見ました。

女心と秋の空と申しましょうか変わりやすい秋の空模様です。

クマさんは決して女心は秋の空なんて思ってもいませんからね。本当の処は、男心と秋の空が正解のように思っています。

昔から、 夫の心と川の瀬は一夜にしても変わるもの なんていいますから浮気心は男のようです。

春と秋は高気圧と低気圧が交互に通過しますので朝焼け夕焼けで翌日の天気の予測がつきやすいです。

登山の時の天気の読み違えは命取りになりますので十分注意してください。

クマさんは単独登山が主ですし、登山客が少ないルートが好きですので大気の湿り具合や風などに注意を払いながら登山をしています。

写真は全て2016.10.11の撮影です。目まぐるしく変わる空模様をご覧ください。

f:id:camerajizi:20180822095117j:plain

f:id:camerajizi:20180822095129j:plain

f:id:camerajizi:20180822095140j:plain

f:id:camerajizi:20180822095151j:plain

f:id:camerajizi:20180822095201j:plain

f:id:camerajizi:20180822095211j:plain

f:id:camerajizi:20180822095221j:plain

f:id:camerajizi:20180822095231j:plain

f:id:camerajizi:20180822095242j:plain

f:id:camerajizi:20180822095254j:plain

f:id:camerajizi:20180822095303j:plain

鏡平について鏡池からの絶景を見ていると瞬く間にガスが湧きたち槍ヶ岳どころか小さな鏡池の対岸までガスの中です。

f:id:camerajizi:20180822095314j:plain

f:id:camerajizi:20180822095326j:plain

f:id:camerajizi:20180822095336j:plain

f:id:camerajizi:20180822095349j:plain

明日の天気を心配しつつ鏡平山荘に戻りました。

f:id:camerajizi:20180822095358j:plain

間もなく雨が降り出しました。夕焼けは見るまでもありませんでした。

翌日が晴れになる夕焼けは大気が澄んでいて明るいオレンジ色から澄んだピンク色に変わります。

翌日が雨の時は大気が湿っぽくて不気味な赤色に染まる時です。

f:id:camerajizi:20180822095408j:plain

晴れかと思うと雲が湧き雨かと思えば晴れてくるという変わりやすい秋の空模様です。

クマさんはこの日の前後は山の天気は安定した天気で晴れが続くと予測して山登りを開始ししたんですがクマさんの予測は大外れでした。

最近の秋の天気の移り方は早すぎます。山の現地でもたびたび見誤ることが多いです。

晩秋の登山の時に晴れから曇りの下り坂になってきたらカッパでもウインドブレーカーでも早め早めに一枚着込むと安心ですよ、体が冷たいと感じ出してからでは遅いですからね。

クマさんも歳を取ってから感覚が鈍くなってきてしまい体が冷たいと感じるのが遅くなってしまい山小屋についてドット一気に疲れた事があります。体は冷やさないことが大切です。