熊さんの写真

カメラを持って山やバードウオッチングや旅行に出かけています。気楽にコメントしてください。

ルリビタキ観察記 冬のルリビタキ-3

ルリビタキ観察記 冬のルリビタキ-3

クマさん一人で鳥撮りしていることが多いです。山道で鳥撮りカメラを担いだ方から

「何かいますか」と声を掛けられると嬉しくてたまりません。

冬場ですとクマさんの狙いの鳥はミソサザイとオスのルリビタキです。

今年の冬のお話ですがクマさんが散歩中に見付けたルリビタキをパチリパチリしていた時です。

「何かいますか」と声をかけてくれました。クマさん、いつものように携帯腰掛に座ってノンビリ写真を撮っているものですから話しかけられやすいみたいです。

【今ルリビタキのオスがいます。青い羽のオスです】

と教えてあげると

「エッ、オスのルリビタキ・・・こんなところにいるんですか・・・自然の中でオスのルリビタキは見た事がありません」

と、こんな物言いの方は鳥撮りの礼儀をわきまえた紳士の鳥撮りカメラマンです。

【あそこの藪の中に今いますのでこの場所で静かにジッーットしているとルリビタキが出てきますから、二人で居るとルリビタキも警戒しますからクマさんは別のところに行きますので、この場所でどうぞ】と言って撮影場所を替わってあげます。

クマさんの撮影場所はカメラの前に低い枯れ木があって身を隠せる場所です。

冬のあたたかい日です。小春日和というには時期は過ぎましたが、そんな日柄の日です。

f:id:camerajizi:20180824033600j:plain

ブッシュから出たり入ったりしています。

f:id:camerajizi:20180824033611j:plain

ルリビタキに見つからないようにと思っていますが、ルリビタキはカメラマンがいることはすでに察知しています。ルリビタキが驚かないように静かにしているとブッシュから姿を現してくれます。

f:id:camerajizi:20180824033623j:plain

f:id:camerajizi:20180824033632j:plain

f:id:camerajizi:20180824033649j:plain

枯れ枝が邪魔をしますが、こんな時に動いてはルリビタキに警戒されて逃げてしまいます。

f:id:camerajizi:20180824033659j:plain

f:id:camerajizi:20180824033710j:plain

先ほどの場所を替わってあげたカメラマンの続きの話し出す。

クマさんが別の場所で撮影しているところに追いかけてきて

「有難うございました、初めてルリビタキのオスを撮影できました」と言って撮影した写真をモニターで見せていただきました。

クマさんも【ルリビタキが撮影できてよかったです。ほら吹き、嘘つきクマさんにならなくてよかったです。どこかでお会いしたら、こちらの方こそお世話になります。】

と言って別れました。

クマさんには鳥撮りしていてこんなことが良くありますが、みんなで仲良く鳥撮り出来た日は気分よく過ごせます。