熊さんの写真

カメラを持って山やバードウオッチングや旅行に出かけています。気楽にコメントしてください。

ルリビタキ観察記 冬のルリビタキ-4

ルリビタキ観察記 冬のルリビタキ-4

クマさんの住む岐阜の里山ルリビタキが避寒のために飛来してくるのは例年11月の中旬頃です。

飛来当初は里山の中腹から上辺りでオスでもメスでも数羽づつの群れで居ます。半月もしないうちに里山と森の中りに下りてきています。この時はオスでもメスでも見かける時は一羽づつです。

冬場の鳥撮りに良い時期は12月になって寒い日が来てからです。飛来直後は夏山登山で見かけるように動きが早くてルリビタキを見付けても、クマさんの年取った目ではカメラのファインダーで追うことは出来ません。

今日は里山に雪が降り本格的な寒さになった頃のルリビタキの写真です。

 

クマさんには寒い気候で、朝起きて鳥撮り散歩に行こうか止めようかといつも迷っています。

でも本当は、この寒の時期は里山での鳥撮りに絶好の時期ですから体力のある方はぜひ鳥撮りに行ってください。

接近して鳥撮りが出来る季節です。

ルリビタキも寒さで体をポッコリさせています。

f:id:camerajizi:20180824103929j:plain

クマさんも寒の内は普段のクマさん流の接近方法はとらずに、意外と大胆に気を配らずに接近しています。

f:id:camerajizi:20180824103945j:plain

ルリビタキはクマさんが近づいてくるのを用心深く見ていますが逃げません。

f:id:camerajizi:20180824104019j:plain

クマさんが近づきすぎるとルリビタキは近くの別の枝にピョコンと飛び移ります。

f:id:camerajizi:20180824104030j:plain

ルリビタキは羽に空気を一杯いれてポッコリしています。

f:id:camerajizi:20180824104042j:plain

f:id:camerajizi:20180824104051j:plain

たまにはこんな素敵なポーズを見せてくれます。

f:id:camerajizi:20180824104101j:plain

冬場の里山ではルリビタキ以外にも接近して鳥撮り出来る野鳥がいます。

ジョウビタキです。オスのジョウビタキは、この時期ルリビタキによくチョッカイをかけています。

里山にまとまった雪が積もるとルリビタキもエサ不足で地面に生える真っ赤な冬イチゴ食べています。冬イチゴは里山にいる野鳥の大切な食糧ですので里山歩きの時に冬イチゴのある場所を前もって覚えておくのも野鳥への接近方法の一つです。